by ENEMI

日々の事、趣味の事など。 のんびりとご紹介いたします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

猫と格闘

夕食にしようと思ったお弁当を買いに行ったときの事。
かなりの奮闘をする出来事がありました・・・。 【長文日記です】




そこのお弁当屋さんは、幹線道路脇のマンションの1階にあるのですが・・・
そのお弁当屋さんの近くの歩道の茂みから、
どう考えても子猫と分かる泣き声が、ずっと聞こえていたのです。

私がお弁当を待っている時、通りかかる人 【女性のみ】 が気にして
茂みを覗き込んでいたりしていたのですが・・・。
誰も助けようとしていませんでした。
茂みを一歩出れば、片側3斜線の幹線道路。
いくらなんでも、どう考えたって危ない場所で泣いていて。
なんで皆助けないんだろう?と思っていたら・・・
太もも位の高さの茂みの枝に、引っかかっていて、
人が手を入れられない所で泣いていたんです。
おそらく、地面にいたんだけど、通りかかる人に怯えて
どうにか逃げようと上に上っていったら引っかかってしまった。
そんな感じだったんだと思います。
なので、手を入れようとしても入れられない所だった為、
皆助ける事を断念していたんだと思います。

私は、お弁当を手に入れても、どうしても気になってしまって・・・。

近所に野良猫が沢山いる所があるのを知っていたので、
  【そこでは、その野良猫たちにエサを与え、
           管理してくれている方がいるのです。】
せめてそこまで行ってくれれば・・・と思い、
猫を飼った事が無い私ですが、救出する事を決意しました!!

私が右往左往している所を見て、通り過ぎる人は沢山いました・・・。
でも、とあるお姉さん 【明らかに私より年下ですが(笑)】 が、
何を言うまでも無く、一緒に救助を試みてくれる事になって!
その時は本当に嬉しかったです!!

そのお姉さんと2人で、30分以上は子猫と格闘しました
  【1時間はかかってなかったと思います。
         感覚的にはその位に感じましたが

子猫が、歩道と幹線道路の間の茂みの中を行ったり来たりするし、
何度も上に逃げようと茂みの中で引っかかったり。
路上駐車している車の、タイヤの上の狭い部分に逃げ込んだり、
路上駐車している車の下を右往左往したり。
いつ道路に飛び出してしまうかヒヤヒヤしながら追いかけました。

私達が頑張って粘っていたら、子猫も疲れてきたようで、
動くのも泣くのも鈍くなってきていた一瞬のところを、
一緒に格闘していたお姉さんが、子猫が逃げようとした時に
子猫の体を鷲掴みにして、やっと捕獲に成功!!
私が首根っこの所を掴んでお姉さんの代わりに抱きかかえて。
2人で別の場所に連れて行くことにしました。

でも・・・私の不手際で、あと少しの所で逃がしてしまって
私はかなりガックリしてしまいました・・・。
またお姉さんと2人で追いかけて探す事に。

ここで不幸中の幸いが
その子猫、
私が知っている野良猫が沢山いる場所の近くの方向に逃げて行ってくれて!!
その時は、本当に安心しました~
  【ちなみに、うちの近くです。】
幹線道路の間際にいられるよりは、全然安心です。
一緒に格闘してくれたお姉さんにその事を伝え、私の家も伝え、
多分もう大丈夫だと思います、と伝えたら、
お姉さんも安心して帰宅していきました。

お姉さんに聞いた所、お姉さんご自身が猫を飼っているそうで、
いくら野良猫でも、あんなに危ない所にいられるのはたまらない!!と
そう思ったそうで、ずっと一緒に格闘して下さったそうです。
私も猫を飼っていると思われたそうなんですが、違うという事を伝え、
私もお姉さんと同じ考えで追っかけてたんです、と話しました。


この場で申し訳ないですが、そのお姉さんにお礼を。
私の飼い猫でも、お姉さんの飼い猫でもないのに、
あんなに一生懸命一緒に格闘して下さって、
本当にありがとうございました!
なんとなく、人間捨てたもんじゃないんだな~と思わせてくれた、
そんな出来事だったので、お姉さんには違う意味でも大感謝です


ちなみに・・・お姉さんには言えませんでしたが、
私は猫派ではなくて、実は犬派(^^;
しかも、その子猫を捕まえたときに思いっきりかまれて、
今でも右手人差し指がジンジンしています
  【ちゃんと薬用石鹸で洗って、消毒もしました】

警察に連絡すれば、忘れ物扱いで預かってくれるそうなんですが、
それをお姉さんに提案したら、お姉さんが無言で拒否。
保健所に関しては、声を大にしてお姉さんが拒否。
私もですが、その後の行く末を知っての事だったんだと思います。


不思議なんですけど・・・
今回の事で、以前より猫が好きになる事が出来ました♪


どうしても記録として残しておきたい出来事だったので、
長文になってしまいましたが掲載させていただきました。

最後まで読んで下さった方々、本当にありがとうございました!!


追記
気付かないうちに、両腕に引っかき傷がありました
・・・やるな、ヤツめ
何処に逃げたかはもう分かりませんが、
もう幹線道路脇には行かないで、無事でいてくれますように・・・。
スポンサーサイト
  1. 2008/10/18(土) 22:06:28|
  2. 日々のこと|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<柿&みかん | HOME | ポール>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。