by ENEMI

日々の事、趣味の事など。 のんびりとご紹介いたします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

久々の映画館

今回は、予定を変更して・・・
昨日、久々に映画館に見に行った映画 『硫黄島からの手紙』 について
お話したいと思います。

こちらの事は 『続きを読む』 へどうぞ~
※ちなみに、ちょっぴり「ネタバレあり」です。


昨日のちょっとした幸せ・・・。
映画館の近くに、かなり昔働いていた職場 【接客業】 があるので・・・
ちょこっと覗いて見ました!
『もう知っている人、いないだろうな~』
なんて思いつつ中に入ったら・・・い、いました
仲良しさんだった子がいましたーーー
私は当時より13kgも体重増加しているので(汗)、分かるかな~?と思いましたが
気付いてくれて、数年ぶりの再会をしました~
その子は、私と同じ年。でも・・・昔より若返っていました
ちょっと悔しかったです(笑)。

でも、本当に久々に会えて・・・勇気を出して職場を覗いてみて、
本当に良かったです




本当に久々に映画館に出掛けました。
私の内輪では、10年前から 『穴場』 と言われ続けている映画館です(笑)。
人気映画も、たいてい座って希望時間に見れると思います(笑)。


まず、私は戦争映画というカテゴリーは嫌いです。
・・・正確に言うと、すっごく苦手で見た事ないし、見ようと思った事がありません。
理由はちゃんとありますが・・・説明するのが難しいので、あえてここでは伏せさせて頂きます。

でも・・・いつも遊びに行っているブログ【ハンドメイド&わんころのブログではないです】の
管理人さんが、見てきた感想を記載されていて・・・気になったので
見に行ってみようと思ったのです。
ちなみに・・・私の連れは戦争映画大好き人間なので、今回だけ一緒に行きました。
【普段は、戦争映画は1人で見に行ってます。私が行けないので】


『硫黄島からの手紙』
戦争映画初心者の、とある1人のオンナが見た感想であって、
他の方々と意見が違うかもしれません。
あくまでも、私が見た感想だという事をご理解下さい・・。


結果論から言うと、2度は見たくないけど見に行って良かったと思いました。
私は学生時代から、日本史も世界史も超がつくほど苦手。
なので、戦争の流れはなんとなくしか分かりませんでしたが・・・
なんというか、戦争映画をみて感謝の気持ちが自分に芽生えたのが驚きでした。
辛いシーンもあるし、この戦争を知っている方からすれば、
細かい突っ込みどころは沢山あると思います(笑)。
あんなに厳しい戦いなのに、ひげが生えてなかったり、やつれてなかったり(笑)。
日本兵が2万人と言われているのに、2万人もいた??という映し方だったり。
まぁ、いろいろです

でも、それでも・・・私は涙が止まりませんでした。
当時の軍人・兵士の方々にはいろいろな想いがあったと思うし、
いろいろな理由で戦争で戦っていた方もいらっしゃったと思います。
例えば、国の為だったり、天皇の為だったり、家族の為だったり・・・。
すべてをひっくるめて、

日本の為に戦って下さって、本当にありがとうございました。
皆さんがいたから、私が今生きていられるんだって思いました。
でも、やっぱり

戦争が早くこの世の中から無くなって欲しい!

切に思いました。

戦争映画初体験の私の感想です。
見ている途中、余りにも辛くて連れの手を力いっぱい握り締めてしまいました。

連れの感想は・・・
時間軸(?)がよくわからないし、結果的に監督は何が伝えたかったのかが・・・
いまいち分からない。
・・・あとは、マニアックな話をしていたので、ここでカットします(笑)。

こんな風に、2人で行っても感想は違います。
でも、私は戦争映画嫌いでも、この作品は見に行って本当に良かったです!
何より、渡辺謙さんが・・・やっぱりスゴイ!!カッコイイ!!
もう貫禄が違いますね!


私に出来る事は・・・
日本の歴史の中で5日間で陥落されると言われていた島が
日本兵の力によって36日間も守ったという事実を知るという事。
そして、亡くなった方々のご冥福をお祈りする事。
それだけしか出来ません・・・。
今後も私は、戦争がこの世の中から無くなる事を祈るしかない。
ただそれだけです。


長々と、薄学な私の映画感想にお付き合い頂き、ありがとうございました!

スポンサーサイト
  1. 2006/12/18(月) 07:42:32|
  2. 日々のこと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<お見舞いミニポ。 | HOME | エンジェルライト>>

コメント

観たいけれど 観るのが怖い

こんばんは、パパーミントぱたぽんですって書き始めようと思ったけれど(もう書いている!)そんな雰囲気ではありませんでしたね。
この映画、観たほうがいいと思うけれど、私も戦争映画は苦手です。
硫黄島のことは、少し前にNHKで放送されていてあまりに悲惨だった。
やじるしENEMIちゃんの優しい心遣いがたくさんつまったミニポ。
きっときっと喜ばれると思います。
そしてこういうものを作れる世の中は、幸せです。
私たちは、自分自身のためにも、これからの世代のためにも、現在の平和を保たなくてはなりません。
いつになくまじめなパパーミントぱたぽんでした。
今夜も静かに帰ろう~((((((((((`▽´;)さささ
  1. 2006/12/18(月) 23:48:59 |
  2. URL |
  3. ぱたぽん #-
  4. [ 編集]

【 ぽたぽんさん 】

こんばんは~、パパーミントぽたぽんさん(笑)。
本当にね、更新した時は気付かなかったのよ~v-356
そんな自分にビックリさv-403

この映画・・・私が見てみようと決めたキッカケは、
日本の映画なのに外国の監督がメガホンをとり、
さらに日本語で作られているという所に惹かれたのです。
普段、あまり映画を見ないので他にもあるのかもしれないけど・・・。
最近では 『SA●URI』 で、ある意味ガッカリしていたので
【作品自体は良くても、日本人の事を描いているのに
なぜ日本人が主役をしていないのか?そして、なぜ英語なのか?
そんなちょっとした所が残念だったので・・・。】
そして、硫黄島の事を両国からの視点で2部作として作られているという所でした。

『父親たちの星条旗』、こちらは見ていないので 【辛いので見ようと思っていない】
どんな風に作られているかわかりませんが・・・
おそらく、両国の良い部分も悪い部分もちゃんと描かれているんだろうな~
って想像しています。

姉さんの言うように、私達は本当に幸せです。
そして今、さらにはこの先も、当時必死に頑張ってくださった方たちの為にも
今の生活環境を守る義務があると思ってます。

世界平和・・・。
そんな時代って、いつか来るのかな?
必ず来ると信じたいですねv-409


いつになく、私も真面目になっちゃったわv-414
はずかちーーーv-402
  1. 2006/12/19(火) 00:30:37 |
  2. URL |
  3. ENEMI #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://enemi.blog61.fc2.com/tb.php/260-d24ebe49
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。