by ENEMI

日々の事、趣味の事など。 のんびりとご紹介いたします。

被爆

今回、被爆のことに関して、自分の為に記録として残しておきたいことがあったので、
「続きを読む」にて記録します。

日記のようなものなので、基本的にはスルーしてください。




私にはお付き合いしている方がいます。
私にとってとても大切な男性です。【仮にSさんとします】

先日、Sさんと久しぶりに会いました。
そこでSさんが、おそらく勇気を出して私に言ってくれたこと。
それは
「俺、被爆してたみたい」
でした。

Sさんの仕事は建築関係の仕事をしています。
今は、東北のいろいろな所に行き除染作業などをしているそうです。
ボランティアでもなんでもなく「仕事」で行っているのです。

本人は、健康診断の時に肺に被爆をしている数値が出たと言っていました。
おそらく本人は多少なりとも覚悟はしていても、凄くショックだったのだと思います。

私はというと・・・
Sさんが仕事で震災関係の仕事をすることになったと初めて聞いた時、
【昨年か一昨年だったと思います】もしかしたら彼は今後被爆するかもしれないと、
実はその時点で覚悟していました。

なので、先日本人から聞いた時も「そうなんだ・・・」と言って、
特に驚いたりしませんでした。
その私の反応にSさんはビックリしたそうで「もっと驚くかと思った」と言っていました。

そこで私はSさんに、
「実は、Sさんが東北に仕事に行くようになった最初から覚悟してたんだよ」
と伝えたのです。
「Sさんが被爆したからって、私がSさんの事を大切なのは変わりないし、
 Sさんが仕事を変えられないのも分かってるから・・・」
「私は、Sさんから何を聞かされても大丈夫!肝っ玉すわってるから!!
 今はとりあえず(Sさんも私も)自分に何が出来るか考えて行くしかないよ。ね。」
と伝えました。
本当に驚かなかったし、私がオロオロしたらSさんも心配するとも思ったので。

ちなみに、Sさんと私は遠距離恋愛をしています。
 ※元々彼は神奈川県の人ですが、仕事の関係で北関東や東北に行くようになったのです。
Sさんの仕事が凄く忙しいのと、
Sさんは東北のいろいろな被災地で仕事をしているので、
神奈川県に住んでいる私とは普段あまり会えません。
良くて1ヶ月に1回。会えない時は3~4ヶ月に1回しか会えない時もあります。
最初は寂しかったけれど、彼の仕事を理解してからは会えなくても慣れてきました。

私は、Sさんの拠点地である北関東に引っ越そうかとも考えましたが・・・
今はSさんが東北を転々としているし、
今後も当分は1ヵ所に仕事の現場が落ち着くことはないと聞いて、
だったら、一緒に住めないのであれば、
彼の実家も私の実家もある神奈川県に住んでいたほうが、彼にとっても安心なのかな、と思い
今は私は引っ越そうとは思っていません。
・・・まぁ、引っ越す資金も無いのですが(^^;

本当は・・・そばにいて支えてあげたいのが本音です。
それが出来ないもどかしさもあります。
なので、せめて会える時は、Sさんがリラックス出来るように心がけています。
あと、話を凄く聞いてあげています。もちろん、私の話も聞いてもらっていますが。

例えばこの先も長く付き合っていって、結婚となったら話は変わってくるとは思いますが、
今はまだ結婚という段階ではないので【お互いで話し合いました】、
私は彼に何をしてあげられるか、自分自身で何が出来るかを考えていこうと思っています。

まずは、被爆に関しての知識を増やしていきたい。

そして、今私は体調を崩していて無職なので、早く身体を治して復職したいです。
いつか彼をいろいろな面で支えてあげるためにも、私は強くなりたいです。

今後、彼とずっと一緒に生きていくかもしれないし、
別れを選ばなければいけないときもあるかもしれない。
でも、今はSさんとの関係を大切にしていきたいと思います。

・・・被爆の話をしようと思ったのに、最後はのろけになっちゃってスミマセン(^^;
スポンサーサイト
  1. 2014/02/15(土) 13:00:21|
  2. 身体のこと|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<またもや大雪 | HOME | ぷちボストン 2個目>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| HOME |