by ENEMI

日々の事、趣味の事など。 のんびりとご紹介いたします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

一区切り

今日で、今の会社での派遣期間が終了しました。
延長を申し出られましたが、丁重にお断りしました。
明日から無職です(T_T)

20111031プレゼント

こちらは、同じ派遣社員として働いていたWさんからの「お疲れ様」のサプライズプレゼント。
まさか頂けると思っていなかったので、凄く感激しました。
ハンドタオルは、ガーゼ生地とタオル生地のもの。
実物はもっと淡いグリーンで私好み。
私の体調を気遣って下さっているのが凄く伝わりました。
Wさんは、これから仕事が凄く大変になります。

Wさん、ありがとう!体には気をつけて任期満了まで頑張ってね!


私が派遣の期間を延長しなかったのには、理由があるのです。

記録として残したいので、「続きを読む」にて書き留めます。
かなりの長文&愚痴満載なので、ご了承下さい・・・。




実は、12月の初旬に手術をする事になったのです。
扁桃腺切除手術です。

この時 の事がキッカケで、入院先の先生から大きな総合病院で検査するのを勧められて、
総合病院で検査や診察した結果、手術をする事になったのです。

本当は、もっと早い時期にするつもりだったのですが・・・
いろいろバタバタしていたら、12月でないと手術の予約が出来ないことになってしまったのです(^^;
9月中旬には手術をする決意をしていたのですが・・・。

手術をするとなると、1週間は確実に仕事を休む事になります。
手術前は、いろいろと検査があって、平日に仕事を休んで病院に行くことになります。

派遣社員で有休が付与されていない時期ですし、今回の職場で長期で休むのは無理な話でして。
なので、一度仕事はリセットして、手術&療養に専念し、
まずは体を治すことを優先することにしたのです。
というわけで、派遣期間を延長せず、任期満了で退職しました。


本当は・・・もうひとつ理由があります。

今回の職場での上司1人が曲者で、私はその人に振り回され続けました。
仕事内容は好きだったし、その上司意外の人達は素敵な人ばかりだったので良かったのですが・・・
その上司のおかげで、日中トイレに行くことも出来ない程忙しくて。
仕事中水分を取ることすら出来ない事も多々ありました。
事務仕事ではなかなか無い事です。夏は本当に辛かったし。
しかも、残業厳禁でしたので、終業時間6時までに全ての仕事を終わらせなくてはいけなくて。
なにがあってもです。
サービス残業すらさせてもらえませんでした。
本当に、ハンパなく毎日が忙しくて、自分でも余裕が無い事に気付いていました。
帰宅してからリラクゼーションを図っても、疲れが全く取れない状態が続き、
気付いたら入院していたといった感じでした。
完全に過労です。

私が辞めると分かると、その上司の態度が一変。
今度は、今まで私がしていた仕事を全て奪い、もう1人の派遣の子にやらせるようになったのです。
その子は専門外の事までやらされていたようです。
私は、会社にいる意味を無くされてしまったのです。
「辞めるのなら用は無い」といった感じでした。

でも、そのおかげで体調が安定し、酷く体調を崩す事がなくなったので、
かえって良かったのですが。
なので、最後の1ヶ月半は本当に楽させてもらいました。
もう1人の派遣の子を励ましながら、グチも聞いてあげながら、
延々と雑用をこなしました。雑用だって立派な仕事です。
それをやる人がいないと延々とほおってある仕事があったので、気になっていて。
良い機会と思い、黙々とこなしていきました。

実はその上司は問題のある人で、その人の下で働いている人は
全員短期間で辞めているそうなのです。
それを、その上司は気にも留めていない様子で、自分は悪くないといわんばかりの状態。
会社側に訴えた人もいたそうですが、会社側も分かっているのにほぼ放置。
その部署を良くしたいと会社側は思っているそうですが、
そんなんじゃその部署は一向に良くなりません。
だって、元凶を放置しているんですもの。

私は入社後すぐにその事に気付きました。
でも、元々仕事を割り切ってするタイプでしたので、
自分は大丈夫、続けていける、と思っていたのです。
派遣社員でも、会社都合でも自己都合でも
最低で1年間は働いていたので、自分だけは大丈夫と思っていました。

でも、頭ではそう思っていても、体は正直でした。
体がストップをかけたのです。

私は体がストップをかけるまで無理して仕事をしたのは、
20代でも30代始めでもありました(^^;
どうも頑張っちゃう性格みたいで・・・。
その時も倒れたんですよね。過労で。
でも、今より続けられていたから・・・もう年なんでしょうね(涙)。


今回の会社では、良い経験が出来ました。
そこで働かなければ、扁桃腺切除手術をしなかったかもしれないので。
そうすると、この先ずっと扁桃腺で苦しまなければならなかっただろうし。
あとは、仕事をするにあたって、人とどう接するべきかを改めて学ぶ事が出来ました。
私が頑張ってきた半年間は、無駄ではなかったのです。
別の上司は、私が仕事を続けない事を非常に残念に思ってくれていました。
後々、社員に誘おうとしてくれていたからだそうです。
そう思って下さっただけでも、自分が認められていたんだと思い幸せでした。

半年間でしたが、なんだか2年も3年もそこで仕事をしている感じでした。
それだけ中身がぎゅうぎゅうだったんでしょうね。


今は、手術の事だけ考えています。
手術までは体調を崩すわけにはいかないので、1ヶ月間気をつけようと思っています。
実はね、手術が決まってから、ちょこっとずつ運動もしているんです。
前回入院した時、凄く体力が無くなってしまったので、
今度は事前に少しでも体力をつけておこうと思いまして。
でも、本当にちょこっとずつです。
無理しない程度に、今は室内で運動しています。
明日からは散歩もしてみようかな?と考え中です。


はぁ~、吐き出したらスッキリしました♪

当分は節約しながら生活して、今ある布の中でハンドメイドを楽しもうと思っています。

私、無理しない程度に頑張ります!!


長文にもかかわらず、最後まで読んで下さってありがとうございました!
感謝致します。
スポンサーサイト
  1. 2011/10/31(月) 23:23:58|
  2. 身体のこと|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:4
<<重い腰を上げて・・・ | HOME | 夕焼け>>

コメント

ENEMIさま
お疲れ様でした。
大変でしたね。でもその会社で経験されたことを
マイナスではなくプラスと捉えているところが素晴らしいです。
まずはゆっくり身体を休めて手術に臨めるよう祈っています。

私も日本でパワハラを経験しました。
小さな会社の社長でした。
私を辞めるように仕向けて路頭に迷わすつもりだったようですが
在職中に大学を受験し無事合格。(33歳でした)
退職届を手にした社長がこれからどうするつもりだときいたので
大学にいきますと言った時の顔が今でも思い出せます。
鳩が豆鉄砲を食らったような顔と言うのでしょうか。
信頼していた社長でしたが突然態度を変えられて
退社することですっぱり縁を切れてよかったと思っています。

また新しい世界、新しい出会いがENEMIさんを待っていますよ。
  1. 2011/11/02(水) 07:18:27 |
  2. URL |
  3. kemmi #-
  4. [ 編集]

【 kemmiさん 】 

kemmiさん、こんばんは。
長いグチに付き合って下さって、ありがとうございます(^^;

私、パワハラが初体験ではなかったので、
最初は結構平気だったんです。
でも、あまりにも長く続くとやっぱりこたえますね。

kemmiさんのパワハラ経験、
読んでいて最後は「やったね!」って思っちゃいました(笑)。
33歳で大学合格、とても素晴らしいです!素敵です!!

私、今回の仕事の最後の方は、上司に対して
「人にこれだけの事をしているんだから、
 きっとこの人にしっぺ返しが来るに違いない!」
と思いながら頑張りました。
でも、考えてみると、その上司は下がコロコロ変わるので
いつもいつも新人教育をしていて、自分の仕事がなかなか進まないという
自分にとっては一番面倒な事が降りかかっているんですよね。
自分が下に対する態度を変えさえすれば、
新人教育から逃れられると言うのに・・・。
自分の仕事がスムーズになるというのに・・・。
きっとこれからも、その上司は変わらないと思います。
そう思うと、可哀想になってきますね。

新しい世界、新しい出会いの為に、
頑張って手術に挑みますね!

あたたかいコメント、ありがとうございました♪
  1. 2011/11/03(木) 18:12:27 |
  2. URL |
  3. ENEMI #-
  4. [ 編集]

お疲れ様でした!

私もパワハラでやめさせられました。
6年間、一生懸命、時間外でも仕事のことを考え、
効率的に、よくなることを考え、努力してきました。

なのに、こんな仕打ちかと、あまりにも社会的に反する
やり方で、宣言されたので、反対にあきれて、
辞めることは悲しくも辛くもない。
あ~これで、解放されるって、前向きに考えていました。

でもいざ、時間がたくさんできると、ぽかっと
穴が開いたみたいに、情緒不安定になっていました。
今でも、その感情がたまに顔を出します。

ちょうど子どもたちが自分を必要とする時期になり、
ちょうどよかったと思いますが。

私のライフワークってなんだろう。
私は何ができるんだろうなど、
もんもんとしてしまったり、
友達ががんばって、輝いていくとあせったり、うらやましかったり、
自分の小ささや、今まで持っていた、今まで自分を支えていた自信が
ガラガラ崩れていったり・・・

でも、今またハンドメイドが楽しくなってきました。
布小物はすごい人がいっぱい出てきて、敵わないけど、
編み編みしていたら、褒められることも増えてきたかな。
それもまだまだだけど。
ハーブティーだってあるじゃん、とか
読み聞かせとか、テニスや脚の速さとか、
一生懸命自画自賛して、自分を支えています。
情けないね~。

ともかく、無理はダメ。自分が楽しく、気持ちが楽じゃなきゃね。

ごめんなさい!
自分の愚痴になっちゃいました。


ENEMIさん、本当にお疲れ様でした!
よくがんばりましたね♪
今は、体を治して、
また、新しい世界を楽しんでください。

いつも応援しています。

私も、がんばります。

  1. 2011/11/11(金) 11:20:04 |
  2. URL |
  3. mixjuusu #-
  4. [ 編集]

【 mixjuusuさん 】

mixjuusuさん、こんにちは。
コメントありがとうございます!

mixjuusuさんもパワハラ経験者だったんですね・・・。
仲間がいて嬉しいです。

今、私はたくさんの時間を手に入れたのですが
無職で尚且つ医療費貧乏なので(笑)
節約の為、出掛けたりとかなかなか出来なくて。

でも、ここぞとばかりに、
いろいろな方のブログを見て楽しんだり、
参考にして勉強させてもらったりしています。
なので、ここ1週間毎日自分のブログを更新出来てます(笑)。

私ね、mixjuusuさんの事、凄く尊敬しているんです。
家事もして、お子さんの面倒も見て、
イベントに参加して、それにハンドメイドでしょう?
本当に凄いです!!
ハーブティーも凄いと思います。
ブレンドするのが大変そうなのに、美味しくブレンドされていて。

自画自賛、これ大事です(笑)。
私は最近、自画自賛の嵐ですよ~。
辞めた仕事の時も自画自賛しまくってました。

最近、とある布作家さんのブログに出会ったのですが、
凄く個性的で、私が作らないようなものを作ったりしていて。
でも、とても惹かれるものがあったんですね。
何故かな~と思っていたら、
たぶんその方は自由なんだと思うんです。
誰かと比べたりしないで、
自由に自分の思いついたものを作品にしていっている。
比べるのは自分の過去の作品とではないのかなという感じで。
直接その布作家さんに聞いたわけではないのですが、
その方のブログに出会ってから、
他の人の作品とかに興味は持つけど、参考にはするけど
自分と比べない事が出来るようになりました。
そうしたら、ハンドメイドがまた楽しくなってきて
「私って凄いじゃん!」の嵐です(笑)。
そして、人に褒められたら有頂天になる。これも基本です(笑)。

自分の歩く歩幅があると思うんです。
私はどちらかと言うと歩幅が短くてのんびり歩くタイプ。
周りが皆結婚していて子供がいても、
それはその人達の歩幅があるだけであって、
私は比べる必要ないと思っているので、
自分のペースで歩んでいます。

mixjuusuさんも、ご自分のペースで歩んでいって下さいね。

お互いに素敵な人生にしていきましょう!!

私も密かにmixjuusuさんを応援しています。
私も頑張りますね!
  1. 2011/11/11(金) 17:57:03 |
  2. URL |
  3. ENEMI #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。